【画像】内田篤人の現在の足が細い!日本代表復帰は困難か

スポンサーリンク


元サッカー日本代表の内田篤人が長期間にわたり実戦から遠ざかりリハビリ生活を送っています。
サッカー日本代表不動の右サイドバックだった内田篤人だけに、「早く復帰してくれないかな?現状どうなんだろう?」と思っている人は多いのではないでしょうか。
私も早い復帰を願っている人の一人です。

ですが、、、
サッカー日本代表合宿に特別に呼ばれて現れた内田篤人の姿は・・・
ちょっと衝撃的でした。

足が細い、細すぎるのです。

「日本代表復帰は困難なのでは?」
考えたくないですが、本当に復帰は困難なのかもと思えてきてしまいました。

【画像あり】内田篤人の現在足はこんなに細い!

内田篤人の足が細い

出典:Samurai GOAL

代表招集されていないにも関わらず、キリンカップの合宿に呼ばれた内田篤人。
気心知れたメンバーとリハビリ・・・は良いのですが、この足を見てください。

細っ!

写真見た瞬間、私はちょっとビクッとしてしまいました。

他の代表メンバーに比べて明らかに細すぎます。
「これがサッカー選手の足なのか?」と疑ってしまいたくなるレベル。

リハビリ中で筋肉をつける負荷をかけられないので、どんどん細くなっているようです。
最後に試合出場してからもう1年2か月経ちました。
それだけの期間トレーニングしないで落ちた筋肉ですから、筋力を戻すのも相当時間が必要なのではと思ってしまいます。

日常生活レベルでも痛みが

スポンサーリンク


内田篤人本人が自分のケガの状態について次のようにコメントしています。

「今はひざの手術したところが痛いんじゃなくて、その周りなんです。日常生活の痛みもまだしっかり足を踏み込んだりっていうのがないとあります。筋力をつけるのも、刺激が入ってないと難しいかなと。ずっと試合やってきたのが蓄積されて姿勢やひざに負荷が来たんで。
 このケガで苦労してるスポーツ選手はすごく多いんだけど、僕の場合は(患部が)骨化した。そういうケースはなかなかないんです。日本全国のドクターとかトレーナーが『俺に診せろ』と言ってきて、いろんな人の話も聞きました」

(引用元:フットボールチャンネル)

膝蓋腱炎はサッカー選手では珍しくないです。
相手の動きに合わせたり振り切ったりするのに急激な加減速がありますから、膝にかかる負担はなかなかのものです。
実はあのレアルマドリードのC.ロナウド選手も膝蓋腱炎を患っており、ブラジルワールドカップへの出場を危ぶまれたこともあります。

しかし内田選手の場合は単なる膝蓋腱炎というだけではなく、骨化が起きるという不運にも見舞われているようですね。

日常生活で痛いというのはかなりまずい状態ですね。
日本代表復帰までまだまだ困難な道のりとなりそうな気がします。

というか、まずは早く普通に歩けるようになってほしいと願うばかりです。

まとめ

日本代表合宿にリハビリで現れた内田篤人の足はびっくりするくらい細いものでした。
早く日本代表に復帰してほしいと思っているのは私だけではないと思いますが、復帰できるのか心配になってきたというのが正直なところです。
日常生活でも痛みがあるという話をきくと、まずは普通に歩けるようになって欲しいと思ってしまいました。

次のワールドカップでも内田篤人のプレーを観たいなぁ・・・
何とか奇跡の復活を!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ