仲川遥香JKTとAKB卒業後もジャカルタ在住!CM20本で高年収

スポンサーリンク


AKB48からインドネシアのJKT48へ移籍した仲川遥香さんがJKTおよびAKBグループからの卒業を発表しました!
卒業後は日本へ帰国するのかと思いきや、ジャカルタに住むそうです。

日本ではあまり放送されていませんでしたが、ジャカルタではかなり有名人になられているようで、本人はかなりジャカルタが気に入っているようですね。
仲川遥香さんの現在について調べてみました。

仲川遥香、現在はジャカルタで有名人。卒業後も在住

仲川遥香

出典:hr2050.com

2012年にAKB48からインドネシアのJKT48へ移籍となった仲川遥香さんがJKT48とAKBグループからの卒業を発表しました。
言葉の通じないインドネシアでのアイドル活動ということで大変だったと思うのですが、逆境を跳ね返し現地で見事に成功しての卒業発表。

エライな~

って思ってしまいました。

現地では相当売れているようです。
こんな記事がありました。

グループではAKBでの高橋みなみ的なポジションで、昨年4月に行われたJKT48選抜総選挙では3位でした。JKT版の『恋するフォーチュンクッキー』など複数の曲でセンターを務めています。近年はピンでも人気番組のレギュラーを持ち、若干カタコトなところが日本でのボビー・オロゴン的な面白さとなって、現地人を爆笑させている。(引用元:AsageiPlus)

若干カタコトなアイドルは可愛さ増しますからね^^
ボビー・オロゴンというのが例えとして正しいのかはわかりませんが^^;
個人的にはKARAが日本で売り出していた頃には若干カタコトの日本語を喋っているのをテレビで観て
頑張れ~
と思ってしまいましたから、それと似たようなものなのでしょう、きっと。

そして、インドネシアで不動の地位を築き上げた仲川遥香さんは、卒業後もジャカルタに在住すると公言されました。

お仕事あるでしょうし、物価安いでしょうし、勝ち組卒業生ですね^^

仲川遥香のインドネシア語がスゴイ

仲川遥香さんの語学力はスゴイらしく、5か月でインドネシア語が喋れるようになったのだとか。
本当かな?と思ったのですが、JKT48の公式動画を見て、語学力が高いのは本当っぽいなと思いました。

こちらの動画をご覧いただければ、インドネシア語を普通にしゃべっている仲川遥香さんに驚くと思います。

Haruka Nakagawa – Pemilihan Member Single Ke-6 JKT48

すっかり現地の人ですね^^

自分はインドネシア語はわかりませんが、イントネーションなどから、かなり慣れ親しんだ喋り方だと感じます
これなら現地で人気が出るのもなんとなく納得がいきますね。

仲川遥香はCM20本!高年収との噂

スポンサーリンク

仲川遥香さんは現地で人気があり、CMに引っ張りだこだということです。

ひときわメンバーとファンをどよめかせたのが、12年夏の「組閣」でインドネシア・ジャカルタのJKT48に移籍した3期生の仲川だった。いまやインドネシア語ペラペラ。今年5月に発表された『第2回JKT48選抜総選挙』では2位に食い込むなど、現地に完全になじんでいる仲川は、指原から「はるごん(仲川)、CM女王なんですよ」と紹介されると、「今、20本くらい」とケロリ。(引用元:ORICONSTYLE2015年12月7日)

CM20本って、、、
日本だとぶっちぎりのCM女王ですね。

日本企業のCMに多く起用されているようで、
グリコ(ポッキー)
マクドナルド
ホンダ
ユニチャーム
バンダイ
大塚製薬(ポカリスエット)
などに出ているそうです。

大企業がずらりと並び、驚きです。

相当年収も高いでしょう。

噂では2000万円~4000万円くらいではと言われているようです。

物価の安いインドネシアでこれだけもらえていれば、かなり贅沢できそうですね^^

まとめ

仲川遥香さんは海外移籍で大成功したようですね。
アイドルが「インドネシアに行ってきなさい」と言われたら、ほとんどの人が左遷のように感じて凹んでしまうのではないかと思うのですが、仲川遥香さんはポジティブに活動して日本にいる時とは比べものにならないくらいの成功を収めているようです。
日本にいた頃は同期のまゆゆなどに敵わなかった彼女ですが、今ではもしかするとまゆゆよりも成功していると言えるのかもしれません。

グループを卒業するということですが、インドネシアで人気を得ていることを考えると、もしかするとグループ卒業生の中で今後最も活躍する可能性を秘めているのかもしれないと思いました。

そのうち逆輸入タレントみたいにして日本に戻ってきたら面白いですね^^

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ