夫と離婚した元宇宙飛行士山崎直子の現在は?三鷹で無料講演も

スポンサーリンク

2010年にスペースシャトル「ディスカバリー」に搭乗して宇宙へ行った山崎直子さん。
女性宇宙飛行士ということ、夫である大地さんが山崎直子さんの夢をサポートしていることで話題になりましたね。

夫のサポートを得ながら宇宙へ行く夢をかなえた山崎直子さんですが、その後どうなったのでしょうか?
2016年2月現在の山崎直子さんについて調べてみました。

山崎直子さんのプロフィール

山崎直子

出典:時事ドットコム

山崎直子さんのプロフィールは次のようになっています。

1996年3月 – 東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻修士課程修了
4月 – 宇宙開発事業団(現・宇宙航空研究開発機構、JAXA)に入社
1999年2月 – 古川聡、星出彰彦とともに国際宇宙ステーションに搭乗する宇宙飛行士候補者に選ばれる。
2000年12月 – 山崎大地と結婚。
2001年9月 – 宇宙飛行士に正式採用される。
11月 – 松戸市民栄誉賞受賞[14]。
2002年8月 – 長女を出産。
2004年5月 – ロシアのソユーズ宇宙船のフライトエンジニアの資格を取得。
2006年2月 – アメリカ航空宇宙局(NASA)のスペースシャトルの搭乗運用技術者(MS)の資格を取る。
2008年11月 – STS-131のクルーに任命される[15]。
2010年4月5日 – 4月20日国際宇宙ステーション組み立てミッション(19A)参加のためスペースシャトル・ディスカバリー(STS-131)に搭乗。

(引用元:Wikipedia)

東京大学大学院の航空宇宙工学を修了されているということで、宇宙関連に関しては日本最高峰の環境で学ばれているのですね。
そして2010年にスペースシャトルに搭乗して宇宙へ行かれています。
日本人女性としては向井千秋さんに次いで2人目の宇宙飛行士となられました。

山崎直子さん夫の大地さんと離婚

スペースシャトル

女性宇宙飛行士として話題になった山崎直子さんですが、それ以外にも話題になったのが夫の大地さんについてでした。

元々、三菱スペース・ソフトウエア株式会社の社員で国際宇宙ステーションなどに関わっていた方ですが、山崎直子さんの宇宙飛行士の夢をサポートする(直子さんのスペースシャトルミッションスペシャリスト資格取得訓練のため)ため、2004年に1年ほど専業主夫の道を選択したりされていました。
そんな夫・大地さんのサポートもあり、直子さんは夢をかなえ宇宙飛行士となることができたのです。

しかし、仲睦まじい夫婦なのかと思いきや、実はうまくいっていないことがあったようです。
2012年に直子さんと大地さんは離婚してしまうことになりました。

現在は削除されている、大地さんのツイートには次のようなものがありました。

〈妻の仕事が何とか続けられるようにと死に物狂いで努力をしてきたのに、
その妻本人から「ずっと支えられてきたわけじゃない」と言われた〉
〈もうこれからは、私は自分のために生きて行こうと思います〉

これを読んで、個人的にはどちらが悪いわけでもないように思えました。

「ずっと支えられてきたわけじゃない」という言葉の裏には、直子さんが小さいころから夢を勝ち取るために努力してきたんだという誇りがあるように感じられます。
そして、大地さんには、仕事を辞めてまでサポートしたという思いがあります。男性にとって、仕事を辞めて妻を支えるというのは、人生の全てをかけたといっても過言ではない覚悟だったと推察されます。

宇宙飛行士という特殊な職業を家庭内に抱えた中での夫婦間の行き違い。
そっとしておいたあげたいような気がします。

山崎直子さんの現在は?三鷹で無料講演も

スポンサーリンク

宇宙から帰還後の山崎直子さんはどうなったのでしょうか?

2010年12月にJAXAを休職し東京大学非常勤研究員となり、2011年8月にJAXAを退職されています。
この時に宇宙飛行士も引退ということになっています。
そして2014年4月に女子美術大学芸術学部アート・デザイン表現学科客員教授に就任し、現在に至っています。

講演活動もされているようで、直近では2016年2月19日に三鷹市にて”「宇宙、人、夢をつなぐ」と題して”という講演が行われます。
しかも無料!

宇宙の話にワクワクしてしまうのは私だけではないはず。
行ってみると楽しい話がきけるかもしれませんよ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ