【悲報】駿台霜栄著センター問題集の下品下世話セクハラ漢字問題

スポンサーリンク

どうしちゃったのでしょうね、受験の名門駿台、、、

駿台文庫のセンター用の問題集でセクハラ問題を出して下品等の批判殺到のようです。

大げさに言ってるだけでは?

と思って確認してみましたが、本当に下品でした^^;
これは来年の生徒獲得に支障が出るかもしれませんね。

駿台予備学校のセクハラ下品漢字問題とは

駿台問題集

問題になっている問題集は

「生きる センター 漢字・小説語句」

です。

著者は霜栄先生。
東京大学文学部国文学科出身で駿台現代文で人気No.1の売れっ子講師です。
なのになんでこんなことになっちゃってるんでしょう???

問題となっている漢字問題は

彼女のなだらかなキュウリョウをうっとりと眺めた。

きみのエキスをチュウシュツして飲み干したい。

彼女の体のユルやかなラインが僕をほっとさせる。

彼女の人生に俺という存在をコクインしたい。

胸のデカさに俺はキョソを失った。

一定スイジュン以上の女の子しかここには入れないんだよ。

男なら君に大いにカンキョウをもよおすよ。

ゆっくり奥までソウニュウしてください。

左手を軽くソえてね。

教授と私のミッセツな関係を誰にも気づかれてはいけない。

敏感なところは強くシゲキしちゃだめよ。

あらゆるソクメンから君を研究したい。

君にチョクセツ触れたいのに。

息をのんで女子の着替えを見つめる。

下僕のように扱われることが快感だった。

彼女はたまらず声を洩らした。

彼女がリズミカルにシめ付けてきた。

といったあたりですね。
探せばもっとあるみたいですが。

これは、、、、アキマヘンナ^^;
アウトでしょwww

1つくらいなら何も言われなかったのかもしれないけど、これだけ連発していては・・・

言い訳不可能

駿台は対策とらないと来年以降生徒が減りそう

スポンサーリンク

今回のことで女生徒だけではなく、受験生の母親まで敵に回しそうな駿台。

ジャーナリストの猪熊弘子氏、東京大学でフェミニズム論などの教鞭をとる清水晶子准教授、東京大学大学院情報学環北田暁大准教授などからも批判の声が挙がっています。

子供を立派な大人に育てるのが教育のはずなのに・・・
セクハラ問題とは笑えないです。

早急に再発防止策とらないと、来年以降苦境に立たされるかもしれませんね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

更に物議を醸しそうな問題集に興味がある方はこちらの記事をご覧ください⇒性的表現で回収「生きるセンター漢字」超え「ゴロゴ古文」

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ