ベッキーDAIGOに24時間TV無責任発言で批判殺到!片や結婚

スポンサーリンク

ゲスの極み川谷との不倫騒動でどんどん裏表のある人間として性格に問題ありと言われるようになってきたベッキー。

好感度抜群タレントのDAIGOに対しても24時間テレビの100キロマラソンチャレンジに対する無責任発言を批判されていることがわかりました。

ベッキーは不倫騒動でCM打ち切り続出で大ピンチ。
一方でDAIGOはマラソン完走で北川景子とも入籍し、人生好調です。

人間性の違いが1年も経たないうちに目に見える結果として表れてきているのが興味深いです。

ベッキーがDAIGOに放った無責任発言とは

ベッキー

出典:GirlsChannel

ベッキーがDAIGOに放って多くの批判コメントをもらうこととなった発言とは何だったのでしょうか?
Daily News Onlineの記事を見てみましょう。

5月26日に放送された『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)の中で、ロックバンド・BREAKERZのDAIGO(37)が、保留にしていた『24時間テレビ 愛は地球を救う』(同、8月22、23日放送)のチャリティーランナーを引き受けた。ネット上では「断れない雰囲気」「日テレムカつく」など、DAIGOに仕向けられた演出を批判する声のほか、タレントのベッキー(31)が「(DAIGOはランナーに)ピッタリ!」と“無責任”な発言をしたとして批判コメントが殺到していた。

(引用元:Daily News Online)

何を持ってピッタリと言っているのでしょうか?

別にDAIGOはアスリートでも何でもないですしね。
フルマラソンでも大変なのに、100キロマラソンなんて、、、

断りがたい雰囲気のなか、単なるミュージシャンでタレントであるDAIGOに対してこのコメントは確かに無責任ととられても仕方ないでしょう。

ゲス極川谷との不倫が発覚してからというもの、その二面性や無理やりポジティブが指摘されているベッキーですが、DAIGOに対してもこんなことをしていたのですね。

当時は「あ、ベッキーがそんな発言したのね」と軽く流していた人も多いかもしれませんが、今ならベッキーがそのような発言をしたことに「あ、やっぱりね」と納得する人も多いのではないでしょうか。

一方は結婚、一方は不倫

スポンサーリンク

その後、私生活がどうなったかはこの記事をお読みのあなたもご存知の通りでして、、、

DAIGOは北川景子と幸せな結婚。

ベッキーは川谷と不倫ドロドロ・・・

大きく明暗の分かれることとなりました。

DAIGOは苦しい100キロマラソンを一生懸命乗り切り、その後の幸せもつかんだということです。

普段の態度がその後の人生に跳ね返ってきたといえるのかもしれません。

まとめ

この事実を知った時、

ああ、普段の態度って大切だな

と思いました。
やはり、人のことを考えて発言することを心がけておかないと、自分に跳ね返ってくるものだと思います。

自分の普段の態度、今後は益々気を付けたいと思いました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ