内山信二は子役時代月収3千万中2でタクシーデート-しくじり先生

スポンサードリンク

子役として人気のあった内山信二君ですが、いつのまにはもう30歳半ばなのですね。

しくじり先生として、テレビに出演するということで、しばらく消えていた間に何があったのか私は興味が非常にあり観てしまいました。

子役時代のものすごい月収やなぜ消えたのかがわかりましたよ。

内山信二君がしくじり先生に登場

内山信二|ニュートラルな日々

出典:psumma.jp

まず現在の内山君ですが、

34歳
身長174cm
体重100kg
芸歴は28年!

大ベテランです^^

さて、子役時代にどんな勘違いをしてしまったのでしょうか?

内山君、リッチな子役時代からの転落

内山君、10歳でMax月収3000万円、年収は1億超えていた。
1年間に250回焼肉にいっていたそうです。

ところが

16歳の時
ご飯に焼肉のタレをかけて食べるド貧乏生活に転落しました。

芸能界の仕事がゼロになる→友達がいなくなって高校中退→外出が怖くなり家に引きこもる

となっていたそうです。

というわけで、早くに成功して、その後の人生を棒に振らないための授業を展開してくれました。

人生を棒に振った理由

10歳にして大金を手にした内山君は

金銭感覚が崩壊

してしまったそうです。
その結果、大人をなめくさるようになってしまいました。

・テレビ局に住みつく
・高級な肉をくいあさる
・困っている大人が大好きで、様々ないたずらをしてはケラケラ笑って逃げる
・叱られると泣き始め偉い人に言いつける

めんどくさいですね^^

子役が人気絶頂に上がる方法

6歳の時に「あっぱれさんま大先生」のオーディションに受かった内山君。
一気に山の6合目くらいまで来ます。
そのオーディションは安達祐美、えなりかずきも受けていたそうですよ。
ただ、2人は礼儀正しかったため落ちてしまいました。
さんまさんが欲しかったのはキチンとした子役ではなかったのですね。
子供のままの子が良かったのだとか。

内山君の金銭感覚を崩壊させた現金わたし

内山君の事務所はなんと、6歳の内山君に給料を現金渡しします。

これは、ほとんどの人が金銭感覚崩壊するのではないでしょうか。

そして、10歳の時に親に注意された時に親に言った言葉が

僕あんた達より稼いでいるんですけど

だったそうです。

自分が親なら張り倒してますね^^;

内山君の7歳

スポンサードリンク

7歳の時にお小遣いくれと親に言うと

5万円

もらえたそうです。

小学生1年生のお小遣いとしてはあり得ないほどの大金です。

駄菓子屋で棚買いをしたり、学校の女子を駄菓子屋に連れて行って1万円で「なんでも買って良いよ」とやっていたそうです。

その結果、女性はお金を持っている男が好きと7歳にして思ったそうです。

内山君の8歳

おもちゃ屋でレゴを街買い(約30万円)

したそうです。

当時マネージャーにやらせていたことは

・ドラクエの発売日に並ばせる
・ビックリマンチョコのお菓子を食べさせる
・夏休みの宿題をやらせる
・家庭教師の授業をきかせる

ですって。

めちゃくちゃですね^^
家庭教師の授業をマネージャにきかせてどうするのでしょ?
全く意味ないじゃないですか^^;;

さらにはADにやっていた遊びがひどく

・ADさんをエアガンで撃つ
・竹刀でADさんの顔をグリグリ
・瞬間接着剤をADさんの靴の内側にぬる

をやっていたそうで。
瞬間接着剤とかかなり悪質ですね。
靴や靴下がダメになってしまいます。

しかも悪質なのが、イタズラする人を選んでいたのだそうで、

さんまさん、局プロデューサ、出世しそうなAD
には手を出さなかったそうです。

出世するしないをどうやって見分けるかですが、

靴が汚いADは出世しない

と見極めていたとか。

これはわかりますね。
ADだけじゃなく、出世する人は身の回りがキレイですからね。
8歳にして本質を見抜いていると思いました。

内山君の9歳

9歳で業界用語を使うようになったそうです。

バラす
ケツカッチン
チャンネェ

9歳でチャンネェはすごいですね。
なかなかのマセガキじゃないでしょうか。

そして、タクシーチケットをプロデューサーから束でもらうことに成功したそうです。

オニゴッコの一種ドロケイでタクシーを使うまでになっていたとか。

内山君の10歳

地方営業でソフトクリームを食べるだけで50万円。
打ち合わせは焼肉かしゃぶしゃぶ。そうでなければ帰るという横暴っぷり。
子役のピークの時だったそうです。

内山君の子役としての急落

順調だった内山君、10歳をピークに仕事が激減します。
その理由は

成長

男の子と言えなくなり、仕事がなくなるのです。

子役の壁は

小学校から中学校にあがる12歳
中学校から高校にあがる15歳

にあるそうなのですが、

中学に上がっても人気急落に気づいていない内山君は先生のボーナス額をバカにしたりする態度にクラスメートはドン引きして友達がいなくなります。

内山君中学2年でのデート

内山君にも中学2年で初めての彼女が出来たそうですが、そのデートプランがまたすごいもので

・タクシーで彼女を出迎え
・タクシーで小料理屋へ行って1人1万円の食事
・タクシーでデパートへいってショッピング
・タクシーで銀座の寿司屋に横付けして夕食。サプライズでシャネルのバッグをプレゼント

その結果、彼女に金銭感覚の違いからフラれてしまいました。

うーん、当然でしょうね。
中学2年ですから。

中学3年であっぱれさんま大先生の卒業で仕事がゼロに

あっぱれさんま大先生を卒業した内山君は、ただの性格の悪いデブになってしまいます。

そして高校では友達がいなくなり、学校にもいかなくなり、街をフラつくようになる。

しかし外を出歩いても

あの頃はかわいかったのにね

と言われるようなり、引きこもるようになったそうです。

内山君の親も金銭感覚崩壊

莫大なお金を稼いだ内山君、仕事がなくなっても貯金があるだろうと思っていたら、高校時点で親の貯金は

ゼロ

だったことが判明。

そして非行にはしります。
金髪にして、警察のごやっかいになったりもしたそうです。

そしてアルバイトを始めます。
・ガソリンスタンド
・古着屋
・引っ越し

1日引っ越しバイトをやって、手渡しで1万円もらった時に

え?これだけやって1万円?

と思い、金銭感覚の崩壊が止まったそうです。

内山君が伝えたいこと

いくらもらったかより
何でもらったのかを知る

内山君が芸能界をやめなかった理由

芸能界をやめようと思った内山君を救ってくれたのはさんまさんの一言でした。

おい、内山
お前どうせヒマやろ
舞台やるから、出てくれ

これで芸能界を辞めるのを思いとどまったそうです。

内山君が気付いた価値

自分には子役という価値しかないと思っていた内山君ですが、自分の新たな価値に気づかせてもらえます。

それは

デブキャラ

石塚さん、伊集院さん、松村さんが仕事をくれたおかげで、内山君は芸能界でまた活躍の場を与えられました。

内山君を救った母の言葉

幼少期に母とあまり関わりを持てなかった内山君、仕事がなくてどん底にいた時に母がかけてくれた言葉が内山君を救ったそうです。

これでやっと普通の家族に戻れるね

お金じゃ買えないですからね、家族愛は。

感想

内山君の場合は6歳だったのだから、親がしっかり管理しないどダメだったと自分は感じました。

自分も6歳の時だったら何が何だかわからないうちに流されていたと思います。

いろいろ辛い道のりもあったようですが、大切なものに気づくことができて良かったのではないでしょうか。

子役の頃のように大ブレイクは難しいかもしれませんが、自分を支えてくれる人達への感謝の気持ちが芽生えた今なら、食べていくことくらいはできるでしょう。

内山君には、芸能界の子役の相談役をやってほしいですね。

芸能界は低年齢化が進んでいますから、どうしても社会のことがわからずに育って辛い思いする人も増えてくると思います。

子役を経験した内山君なら精神的な面からサポートできるはずです。

率先してそのような役割を担ってほしいと思いました。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ