桝太一、アナになったのは青春取り戻すため-今夜くらべてみました

スポンサードリンク

「今夜くらべてみました」で日テレの人気アナウンサー3人が登場し、桝太一アナも出演しました。

桝太一アナはちょっと変わっているところがカワイイのですが、慶應ボーイの辻岡アナと比べることで、よりその変わりっぷりが際立って面白かったです。

桝太一アナがなぜアナウンサーになったのかもわかりました。

桝太一アナ、人気アナウンサーランキングを気にしていた

桝太一|ニュートラルな日々

出典:dot.asahi.com

人気アナウンサーランキングで3年連続1位の桝太一アナ。

気にしないでおこうと思いつつも、何気にいつも気になってYahooを見て調べてしまうそうです。

やっぱり、そこは桝太一アナも人間ですものね。

ちなみに、毎年12月1~2週午後に発表されるそうです。

今年も人気1位に輝くことができるのか注目ですね。

桝太一アナ、小学生時代はゲーム部と漫画部を兼務

桝太一アナは小学生の頃運動神経が悪くてインドアな感じだったそうで、ゲーム部と漫画部を兼務していたそうです。
桝太一アナがゲーム好きなのはこのころから既に始まっていたのですね。

小学生の頃、教科書の右上に書いたパラパラ漫画がウケたのが武勇伝のようです^^
パラパラ漫画のタイトルは

「ミジンコの冒険」

だそうです^^
なかなか斬新な内容のパラパラ漫画です。

生物が好きで東大の農学部に入った桝アナですが、パラパラ漫画のタイトルから、小学生にして既に生物に興味を持ち始めていたことがうかがえます。

桝太一アナ、青春時代を取り返すためにテレビ局に入る

運動神経の悪かった桝太一アナは

運動のできるやつが嫌い

だったそうで、東大に入ったのは運動できるやつらを見返すため。

そして、テレビ局に入ったのは

青春時代を取り戻すため

だそうです。

これには正直、びっくりしました。

青春時代を取り戻すためにテレビ局に入る人って何?
テレビ局ってそんなところだっけ?

結果、大人気になってモテモテなのだから青春時代を取り戻せているんですから大したものです。

桝太一アナ中学・高校時代は生物部で蝶にはまる

スポンサードリンク

桝太一アナ、麻布中高時代は生物部に所属していたそうです。

標高3000mくらいにいる高山蝶にはまっていたそうで、毎年夏になると10日くらい山にこもって蝶を追いかけていたんですって。

バタフライハント

と称していました。

何かつかまえるのは確かに楽しいですからね。

ちなみに、桝さんが紹介してくれた世界一美しい蝶はヘレナモルフォという蝶です。


ヘレナモルフォ|Morpho rhetenor helena|蝶の標本販売専門サイト「Nature-shop」

とっても美しい羽をしていますね。
こんな鮮やかな青はなかなかお目にかかれません。
こんなキレイな蝶なら捕まえたくなるのもわかります。

西日暮里にあるファーブル昆虫館で標本を見ることができます。
ファーブル昆虫記を翻訳された奥本大三郎さんが作られた昆虫館だそうですよ。

桝太一アナ、東大で大学デビューし金髪に

桝太一アナ、中高時代は男子校で生物にのめりこんでいたこともあり、女友達は0でした。

で、東大時代に大学デビューをしようとして2年時に金髪にしたのですが、服装がついてこず、シャツをインしてポシェットをつけていたのだそうです。

デビュー失敗ですね^^

桝太一アナ、俺的ぐるなびをつくっている

桝太一アナ、お店情報を「俺的ぐるなび」と称してデータを集めているそうです。
お店ごとの個室の大きさとか、一品目の出る速さとか記録されているそうですよ。
まるで研究者みたいですね^^

絶対に見せてくれないそうですが、いつか公開して欲しいものです。

桝太一アナ、フリーアナウンサーになる確率は0%

人気No.1アナウンサーの桝太一アナですが、今のところフリーアナウンサーになるつもりはないそうです。

フリーは一発で結果を出さなければならないので、長い時間をかけて結果を出すタイプの自分には向かないのだとか。

そうなんですね。
もうすでに人気あるからフリーになっても成功すると思うのですが。

ま、本人が望む道を進むのが一番良いのでしょう。

感想

桝太一アナ、アナウンサーになったのは青春取り戻すためだったというのは衝撃的でした。
思考回路が普通じゃないです。
青春をもっと簡単に取り戻す方法はいくらでもあると思うんですが^^
まあ、成功しているから結果オーライですけどね。

それにしても桝太一アナ、基本的にすごい真面目ですね、やっぱり。
蝶をおいかけたり、アサリを研究したり、俺的ぐるなびつけたり、コツコツデータ集めて分析するのが好きなのでしょうね。

きっと人気があるのも、裏でのデータ分析と改善があるのでは?と思いました。

今年の人気アナウンサーランキングも1位になるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ