工藤阿須加が爽やかすぎる-しゃべくり007

スポンサードリンク

爽やかな俳優ということで人気上昇中の工藤阿須加君。
お父さんはかの有名なソフトバンク監督工藤公康さんです。

工藤阿須加君はいかにして爽やかに育ったのか。
工藤家のメソッドについて、しゃべくり007で語ってくれました。

工藤家の子育てメソッド

工藤阿須加

出典:cremo.net

爽やか俳優の工藤阿須加君。
これだけの好青年に育つというのにはやはりしっかりした教育がありました。

どんな方針で育てられていたかというと、

1.メインディッシュはお父さんの残り物
稼いできているのはお父さんという方針。
少々昭和な感じがする方針ですが、、、その厳しさが長い目でみて良い子に育つことに繋がるのかもしれないですね。

2.お父さんが負けた日は寝ないで待っている
小学生の頃から、お父さんが負けた日はちゃんとお父さんが次の日気分良く試合にいけるようにやっていたそうです。
阿須加君は5人兄弟全員を統率していたんですって。
自分の小学生の頃と比べるとちょっと自分が恥ずかしくなります。

スポンサードリンク

3.運気が下がると引っ越し
父の負けが続いたりすると、運気が良い場所を母が調べて引っ越ししていたそうです。
すごいですね。
お父さんの野球を中心にして家庭が回っていたのですね。

4.焼き鳥は1本ごとに「ありがとうございます」
お店とかで焼き鳥を食べる時は1本焼き鳥をとるごとに「ありがとうございます」と言っていたそうです。
感謝の気持ちを叩き込んでいたのですね。

感想

やっぱり厳しい家庭に育ったんですね。
父親のことを星一徹みたいだと言っていましたが、工藤家のメソッドをきいて納得しました。

礼儀正しい、爽やかな子に育てるにはこれくらい必要なんのですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ