iPhone6に1週間充電不要のバッテリー!英企業燃料電池で

iPhoneをお使いの方、バッテリーの持ちには満足されていますか?
自分は少し不満です。
iphoneの機能自体は満足しているのですが、バッテリーがもう少し持てばと思うことはよくあります。
朝、出かける時に充電忘れていたことに気づいた時の絶望感はヤバイですね ^^;

ですが、ついに、もしかすると、iPhoneのバッテリー問題が解決するかもしれません。
英企業がiPhoneで使える燃料電池を開発したのです。

iPhone6で1週間充電不要のすごいバッテリー

iPhone6に1週間充電不要のバッテリー!英企業燃料電池で|ニュートラルな日々

出典:The Telegraph

携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移行して以来、ずっとバッテリーの持ちが課題になっていました。
スマートフォンは電話というよりは小さいパソコンそのものですし、液晶画面が大きいのでどうしても消費電力がガラケーよりも大きくなってしまうのです。

ですがこのたび、イギリスのIntelligent Energy社が燃料電池でiPhoneに内臓可能なバッテリーを開発したことで、状況が変わるかもしれなくなりました。
自動車では既に燃料電池車がずっと研究されていますが、携帯電話では主流はリチウムイオン電池でした。

この燃料電池で実現したバッテリー、どれくらい持つかというと、iPhone6だと1週間充電いらずになるそうです。
これはすごいですね。
多少充電し忘れても困ることはなさそうです。

iPhoneでの製品化には2,3年?!

スポンサードリンク

一刻も早く製品化してほしいこのバッテリーですが、製品化には2,3年かかるようです。
小型化してiPhone6に組み込んでみるところまでは出来たようですが、まだ開発しなければならない部分があるようです。

発電時に発生する水と化学反応用粉末封入のカートリッジです。
イギリスのIntelligent Energy社はその開発も2,3年で出来ると自信をみせているようです。

開発は出来るのでしょうけど、個人的に気になるのは大きさです。
小さくできるのかちょっと気になります。

ちょっと気になると言えば、気になる点がもう1つあります。
水蒸気を筐体から逃すための穴が必要になることです。

燃料電池は発電時に水蒸気が仕組み上出るのですが、その水蒸気を筐体から逃すための穴をiPhoneに開けることが必要になるという点もAppleがデザイン上受け入れるのか気になります。
もしスティーブ・ジョブズが生きていたら、デザインの細部まで拘る彼のこと、もしかするとアウトにするかもしれません。
今のAppleは果たしてそこまでデザイン上のこだわりがあるのか、、、

2,3年後、スマホの世界がどう変わっているのか。
楽しみに待ちましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ