「図書館戦争」主演岡田准一は3格闘技の師範

スポンサードリンク

「図書館戦争」で主演を務めるV6の岡田准一君ですが、やたら戦闘の動きが良いなぁと思ったら本当に格闘技の師範だったことがわかりました。

格闘技やっているのは知っていましたが、師範とは。

しかも3つの格闘技の師範だそうです、ご存知でしたか?

「図書館戦争」主演岡田准一君、3つの格闘技師範だった

「図書館戦争」主演岡田准一は3格闘技の師範

「図書館戦争」観てきました^^

ネタバレになるので詳しい感想は書けません。

ただ、映画観て思ったのは、

岡田准一君、やたら戦闘力高そう

ということです^^

いや、本当の意味での戦闘力です。
アイドルとしての戦闘力とか俳優としての戦闘力という比喩ではありません。

”メディア良化隊”の検閲から本を守る”図書隊”を演じる岡田准一君なのですが、訓練シーンなどでやたら動きが良いのです。

で、調べてみると、次の3つの格闘技の師範!でした。

1.KALI

2.USA修斗

3.ジークンドー

修斗は総合格闘技ですね。元プロレスラーのタイガーマスクをされていた方が始めた格闘技団体です。
ジークンドーはかの有名なブルース・リーが作った武道ですね。

KALIというのは日本では珍しいですね、初めてききました。
フィリピンの武術のようです。
素手だけでなく、棒、ナイフ、紐などの武器も使用するそうです。

師範というと道場を開けるということですから、「ちょっと柔道で黒帯とりました」とかいうのとはレベルが違います。
それを3つも。
しかも超多忙な俳優業、アイドル業の合間に。

もちろん、その身につけたスキルが俳優業にも役立っているわけではありますが、、、

リアル格闘技マニアですね、これは^^

岡田准一君、どこを目指しているの?

スポンサードリンク

岡田准一君、どこを目指しているのかな?
格闘家転身?

とか思っていたところ、ちょうどテレビで松坂桃李君が岡田准一君にどんぴしゃの質問をしてくれているのを見ました。

53歳くらいで人生の達人になりたい。
役者としてもお芝居としても。

だそうです^^

達人と言われた時は格闘家になるのかと思ってドキっとしましたが。
一応役者なんですね^^

53歳だとあと20年後くらいですか。

岡田君が役者としてどう変化していって完成するのか、長い目で見て楽しみましょう^^

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ