ノーベル物理学賞日本人候補 十倉、細野、大野、飯島、中沢

スポンサードリンク

2015年のノーベル賞。
医学生理学賞は見事日本人の大村智さんが受賞されましたね、おめでとうございます。
研究内容も人柄も素敵でしたね。

さて、こうなってくるとノーベル賞の他の賞にも日本人受賞の期待が高まります。

今日は物理学賞の発表日。
日本人の有力候補は?

ノーベル物理学賞、日本人の受賞候補は?

ノーベル賞メダル/ノーベル物理学賞日本人候補 十倉、細野、大野、飯島、中沢|ニュートラルな日々

出典:www.kahaku.go.jp

アメリカのトムソン・ロイター社は論文の被引用件数などのデータから毎年トムソン・ロイター引用栄誉賞を発表しているのですが、この賞の受賞者はノーベル賞の受賞確率が高いということでノーベル賞候補として注目されます。

2015年度はトムソン・ロイター引用栄誉賞を物理学分野で受賞した日本人は、、、いませんでした、残念。

では近年のトムソン・ロイター引用栄誉賞を受賞した物理学分野の日本人はというと、ここ10年だと5名いらっしゃいます。
この5名が有力候補といえるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

■十倉好紀氏(東京大学教授、理化学研究所)「新しいマルチフェロイック物質に関する先駆的研究」で2014年、「超伝導化合物の発見を含む、強相関電子酸化物に関する傑出した研究、および巨大磁気抵抗現象に関する研究」で2002年にトムソン・ロイター引用栄誉賞受賞

■細野秀雄氏(東京工業大学教授)「鉄系超伝導物質の発見」で2013年トムソン・ロイター引用栄誉賞

■大野英男氏(東北大学教授)「希薄磁性半導体における強磁性の特性と制御に関する研究」で2011年トムソン・ロイター引用栄誉賞受賞

■飯島澄男氏(NEC特別主席研究員、名古屋大学特別招聘教授など)「物理、化学分野の革命を起こすきっかけとなったカーボンナノチューブの先駆的な研究に対して」で2010年トムソン・ロイター引用栄誉賞受賞

■中沢正隆氏(東北大学電気通信研究機構機構長)「世界中で高速光ファイバー通信ネットワークに革命をもたらしたエルビウム添加ファイバー増幅器(EDFA)の開発に対して」で2006年トムソン・ロイター引用栄誉賞受賞

果たして、日本人のノーベル物理学賞受賞なるでしょうか?
連日の日本人ノーベル賞受賞となれば嬉しいのですが。

今晩の発表が楽しみです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ