「あさが来た」今井あさモデル広岡浅子の生涯が凄い。九転び十起き

スポンサードリンク

NHK朝の連続ドラマ「あさが来た」の主人公、波瑠さん演じる今井あさにはモデルになる方がいらっしゃいます。
広岡浅子という女性です。

この広岡浅子さん、女性が社会に出ることが少なかった幕末から大正にかけて、様々な分野で活躍された凄い女性なのです。
どのようなことをされたのか見ていきますね。

今井あさのモデル広岡浅子さんの生涯

波瑠/「あさが来た」今井あさモデル広岡浅子の生涯が凄い。九転び十起き|ニュートラルな日々

主人公今井あさを演じる波瑠さん
出典:Laughy

広岡浅子さんの生涯は次のようになっています。

1849年 誕生
1865年 広岡信五郎(豪商加島屋)と結婚
1885年 筑豊の潤野炭鉱を買収
1888年 加島銀行設立
1901年 日本初の女子大、日本女子大学校設立
1902年 大同生命創業に関与(初代会長は広岡正秋)
1911年 キリスト教に入信し日本キリスト教中央委員就任
1919年 没

女性の社会進出が難しい時代にあって、炭鉱事業の買収、銀行設立生命保険会社設立に関与、更には日本初の女子大設立と1つやっただけでもすごいことを4つもされているのです。

ものすごいバイタリティのある女性だったということがその生涯からわかります。

今井あさのモデル広岡浅子さんの座右の銘

七転八起/「あさが来た」今井あさモデル広岡浅子の生涯が凄い。九転び十起き|ニュートラルな日々

七転び八起きという言葉があります。
何回失敗しても立ち上がって挑戦することを意味しますが、広岡浅子さんの座右の銘はこれを上回るものでした。
それは、

九転十起

というものです。

九回転んでも起き上がるという、不屈の精神の持ち主だったのですね。
この座右の銘があってこそ、これだけたくさんの大仕事を成し遂げられたのでしょう。

今井あさのモデル広岡浅子さんは女性の地位向上に心血をそそぐ

スポンサードリンク

女性も社会形成の一員であり、その女性に教育をしない手はない

という考えを持っていた広岡浅子さんは、女性の地位向上のため、静岡県の御殿場にて勉強会も開催します。

勉強会の教え子には

井上秀、小橋三四子、市川房枝、村岡花子

らがいらっしゃいます。
特に市川房枝さんなどは女性参政権の実現で有名な方ですね。

広岡浅子さんが現代の女性の社会進出に多大な影響を与えているといって過言ではないでしょう。
こういった事実を知っておくと、より朝ドラを楽しんで観ることができそうです。

今回の朝ドラも主人公の生き様からいろいろと学ぶところが多そうですね^^

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ